看護師の履歴書・志望動機の書き方

看護師 履歴書 志望動機 書き方

看護師さん、転職成功させましょう。

 

その為に、まず、最初にすることは履歴書を用意しなくてはいけません。

 

コンビニで売っていますので、『転職用とか社員用』という種類を選びましょう。(アルバイト・パート用と間違えないように)

 

または、ネットからもダウンロードできます。

 

履歴書 ダウンロード』って検索すると、サイトがでてくるので、好みの書式の履歴書をダウンロードして使うことができます。

 

それにエクセルにも履歴書のフォーマットが入っているから、それを使うのも便利です。

 

 

学歴の欄

 

最終学歴の卒業年度を書けばOK。

 

学科や学部まで書くのをお忘れなく。

 

 

 

職歴の欄

 

ここは正確に過去の勤め先を記入します。

 

入社年月日と退職年月日は、事前に確認しておく必要があります。

 

退職した理由は『一身上の都合で退職』と記載すればOKです。個人的な事情を細かく書く必要はありません。

 

 

病院側の都合で退職した(させられた?)場合は、きちんと『病院都合により退職』と書きます。

 

恐らく面接で質問されると思いますが、『○○○○という理由で病院都合で退職した』と正しくありのままに答えれば問題ありません。

 

 

 

志望動機の書き方

 

これが一番大切ですし、最重要です。

 

ここの記載内容によっては、不採用になる可能性もあります。

 

履歴書の志望動機の欄は限られているので、端的にまとめて書く必要があります。

 

例として

  • 以前の職場で学んだ事。
  • これから看護師という仕事を通じて学びたい事。
  • 自分の目指すキャリア。
  • 患者さんの為に働きたい事。
  • それらを実現する為に、この職場の○○という部分に惹かれた。

これらを書けば大丈夫でしょう。

 

 

志望動機の欄、9割がた埋まるまで書いた方が印象が良くなりますし、本人の仕事に対する熱意も面接官に伝わります。

 

5割程度しか埋めてない履歴書は、印象が悪いです。

 

上記の例で記入モレがあったら、書き足したほうがいいですし、看護師を目指した頃の気持ちや、初めて患者さんと接した時の気持ちを思い出してみると、書く言葉が見つかると思います。

 

 

それと、自分が書ける丁寧な字で書くのは当然。

 

小さすぎたり、なぐり書きは厳禁です。

 

 

最近はパソコンも普及していますし、パソコンで志望動機を書いても問題ありません。

 

採用後のパソコンスキルがあるっていう事を表現しているからです。

 

 

また、履歴書の志望動機の欄に書ききれない人は、自分で用意した別紙に『志望動機』を細かく具体的に書くと、採用担当者の印象が良くなりますし、熱意も伝わって採用される確率が上がります。

 

 

 

自己PRの書き方

 

これが一番悩む項目かもしれません。

 

自分をアピールすることが日本人って苦手ですからね。

 

 

まず、アピールするとしても、仕事についてです。

 

 

友達がすぐできるとか、料理が得意とか、転職に関係ないことは書きません。(当然です)

 

それまでの看護師の仕事を通して、自分が得意なことってあると思うんです。

 

それをアピールしましょう

 

それに、前の職場で上司から褒められた事。患者さんから感謝された行為などを、例に出してアピールするのもおすすめです。

 

具体的な例を出すと面接官もイメージしやすいですし、あなたの人間性をより好印象で伝えることができます。

 

それらは自分では長所だと思っていなくても、周りから感謝されたということは、あなたの立派な長所です。

 

また、短所は書かなくてもいいでしょう。面接で聞かれたら答える程度でいいでしょう。

 

 

まとめ

このほかにも履歴書を書く上で疑問に思うことやわからないことが出てくると思います。

 

そんな時に相談できるようにように、看護師転職サイトに登録してあなた専任のアドバイザーを決めてもらいましょう。

 

履歴書を書くことは終わりではなく、転職活動のスタートです。

 

 

仕事をしながら書く時間を見つけて作成しなければいけないので、履歴書に時間をかけていられないのも正直なところ。

 

アドバイザーにアドバイスを貰って、サッと仕上げて面接対策をするほうが、採用される確率は大幅にあがります。