看護師 面接 質問内容と回答例

看護師 面接 質問内容と回答例

看護師が転職するときに、一番重要なのが『面接』です。

 

履歴書のレベルが高くても、面接で失敗したら採用されません。不採用です。

 

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 

 

逆に、履歴書で好印象を与えることができなくても、面接が上手くいけば採用される可能性が高くなります。

 

(・∀・)

 

 

やはり、人間だから、実際に会って話をしてみないと、その人のことってわかりませんからね。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

 

『でも、5分程度の時間で、面接する採用担当の人は、私の事を理解できるのクエスチョン

 

って、思うかもしれません。

 

 

それが,、面接の5分という時間でも、その人がわかってしまうんです。

 

(。-`ω´-)キッパリ!!

 

 

 

もちろん、あなたの趣味とか性格まではわかりませんよ。

 

 

でも、とりあえず、職場に入って仕事をキチンとこなすことができるのかクエスチョンとか、

 

 

職場の人たちとの人間関係を円滑にすすめることはできるのかクエスチョンとか、

 

 

すぐに退職しないかクエスチョンとか、

 

 

そういう『仕事に関してのあなた』を、面接官は知ることができます。

 

 

だから、面接ってマジで大事。

 

(。-`ω´-)キッパリ!!

 

 

転職活動の全て。と言ってもいいすぎでは決してありません。

 

本気度120%で挑みましょう。

 

(・∀・)

 

 

看護師の面接での質問内容

 

質問内容として、基本的なことは、まず聞かれます。

 

  • 当病院を志望した理由
  • 今の職場を退職する理由

 

 

その他にも、面接での定番の質問も聞かれます。

 

  • あなたの長所、短所
  • 今までの仕事で一番頑張ったこと
  • 仕事での将来の目標、キャリアアップ
  • 夜勤や残業はできますかクエスチョン

 

などなど。

 

 

 

看護師の面接での回答例

 

回答例はあくまでも『回答例』です。

 

自身の経験を踏まえて自分の言葉に置き換えることで、面接官にもあなたの想いが伝わります。

 

 

当病院を志望した理由
矢印この質問には、職場のことを事前に調べてあるか、どうかを確認する質問でもあります。

 

病院の特長を事前に調べておいて、『自分の希望とあった』という回答をするのがベスト。

 

 

貴院の○○に特化した医療分野に興味を持ちました。私、自信も今までの病院で○○の分野で働いてきましたが、さらに勉強したいですし、経験も積んで、キャリアアップしたいと考えて貴院を志望しました。

 

 

 

今の職場を退職する理由
矢印ここでは、辞める本当の理由を答える必要はありません。(人間関係とかね)

 

『新しい職場でさらに自分を成長させたい』ということを中心にまとめると好印象でしょう。

 

自分の生活環境が変わった(親の介護が必要になったとか)のが理由なら、『今までとは違う生活が始まりましたが、それを看護という仕事に活かしたい』というように繋げると上手くまとまります。

 

 

 

あなたの長所、短所
転職サイトなどに、自分自身を理解するためのページとかがあると思いますので、それを活用してみるといいとおもいます。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

 

長所にしろ、短所にしろ、どうやって仕事に活かしていくのか、という答え方が理想です。

 

 

それに、短所は『意識して治したり、気をつけている』というまとめ方にしたほうがいいです。

 

ただ単に、『私は不得意です。』では、マイナスのイメージにしかなりません。

 

 

転職の面接を受けているということを、お忘れなく。

 

(。-`ω´-)キッパリ!!

 

 

 

今までの仕事で一番頑張ったこと。
矢印看護師になってから、自分が一番頑張ったと思っていることを、そのまま回答しましょう。

 

看護師なら誰でも1つや2つはあるはずです。

 

全国の看護師さんは頑張っていますからね。

 

☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

 

 

 

仕事での将来の目標、キャリアアップ
矢印この質問の回答は、志望理由と重なると思います。

 

その病院の特色の○○という分野で、さらに経験を積みたいことを伝えます。

 

病院に無い分野の話はしてはいけません。

 

 

 

夜勤や残業はできますか?
矢印迷いなく『Yes』と答えます。

 

家庭の事情で出来ない曜日があるときは、面接の場で正直に伝えます。

 

採用されたいから、『できます』と答えて、あとから『やっぱり、できない・・・。』では、病院側が『話が違う・・・』ということになり、起きなくてもいい問題が発生することになりますから。

 

人間関係って最初が肝心ですからね。

 

 

まとめ

採用試験は、面接で合否が決まります。

 

職場が決まるということは、あなたの人生が決まるということでもあります。

 

(。-`ω´-)キッパリ!!

 

 

転職サイトに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが付いてくれるから、何でも相談しながらしっかりと面接対策をしっかりしましょう。

 

あなたの人生を左右する面接です。

 

本気度120%で望みましょう。

 

面接は準備が全てです。

 

 

 

このサイトを訪れてくれたあなたが合格することを願っています。

 

(o^∇^o)ノ